ギャンブル・競輪、競馬や競艇で拝借を作ってしまってライフがしんどい拝借苦

ギャンブル・競輪、競馬や競艇で拝借を作ってしまってライフがしんどい拝借苦

公営ギャンブルで分割払いを抱えて仕舞う方はたくさんいます。その代表的な品としては、競馬であり、次に多いのが競艇だ。

 

競艇は6艇のボートで着順を予想する競技であり、公営競技の中でも、特に当選確率が高い賭け事でもあります。
競艇で頂点当選%が小さい3連単(1〜3着の着順をフローどおりに予想する)も120分の1となっております。
競馬の3連単は、約4000分の1ですので、その度数は40ダブル前後となっております。

 

また、競艇は他の競技と違い、国中24場の競艇ステージのどこかで、概して毎日実施されているのです。日帰りの賭けは12賭けあります。
掛け金もはじめ口100円と、見た目して小口に見える結果、手軽に参加できると思われがちですが、毎日100円x12賭けづつ掛けてしまうと、月間3万円近くのお金が失われます。

 

また、競艇で分割払いを通じてしまっておる方は、ムキになって1回の賭けに何千円も何万円も掛けてしまう。
その為、競艇で負けている方は、月に値万円では済まない位の代金を失っていらっしゃる。

 

競艇とか、公営競技の勝券の年収で生活してある自分いわゆる「エキスパート」と言われているのは、ほんのごくたっただけであり、基本的には仕損じるようになっています。
分割払いしてまで賭け事をするのは、間違った意見だ。悔い改めて、賭け事で作ってしまった分割払いは仕事をしながら返していくようにください。

 

麻雀を友人や周りと賭けてライフスタイルが苦しくて分割払い・・

 

麻雀で分割払いを作ってしまった人の物語を耳にする事がありますが
そもそも麻雀でお金を掛ける事は、法令では有りません。

 

麻雀自体に非合法性は何もありませんが、お金を掛けて行なう麻雀は非合法だという事になります。

 

ただし、ギャンブル麻雀をするのは、多分は知り合い同士でやる場合が数多く、つまりは関係で行って掛かるケースがあります。
よって、代金を支払うそばも貰うそばも、共に知り合い同士であり、負けてお金を払わないとなると、互いのネットワークにヒビが入ります。

 

ところで、この場合、払う責任は法的にはどうなのかと言うと、支払う責任はなく、相手に届け出されたり借入書を書かされていたとしても、ギャンブル麻雀の負けた借入金は支払う必要のない代金だ。

 

麻雀に負けて支払を拒んで相手に訴えられても、法的には支払責任はありませんので、相手に負けた代金を払えってせがまれても、負けたそばは支払を拒んも法的には何ら差し支えはありません。しかし、すでに支払ってしまった代金において、その後「ギャンブル麻雀は非合法仕方なので、払ったお金を返してほしい」って訴えたとしても、その代金を法的に払戻しさせる術はありません。

 

詰まり
・ギャンブル麻雀自体が非合法仕方であり、支払を拒んで相手に訴えられても
 払う責任はない

 

・しかし、支払を通じてしまっている場合、非合法仕方だからといって
 出費責任はない

 

麻雀でお金を掛けて行なうにはやめておいたほうが、その人にとってもプラスになるはずです。