宮城県内 借受まみれ パチスロにはまってサラ金事実

宮城県内 借受まみれ パチスロにはまってサラ金事実

宮城県の妻だ。
結婚して職を辞めたことをきっかけに、パチスロに明け暮れるようになりました。
最初は2週に一回、三千円程度で遊んでいたのですが、ひと度万々歳が出たのに味を占めて
止められなくなってしまいました。

 

負けたら負けたで取り戻そうとして遠のけられず、気が付いた時には生活費を丸ごと使い込んで
しまいました。

 

男子にばれたら大変です。はじめて値段を徴収しなければと思ったのですが、仕事妻なので
貸してくれる所があるかどうか心配でした。前に銀行に借りに行って審判で落ちた事が
あるのです。

 

も、サラ金で相談してみたら安穏審査が通って値段を貸して貰えました。
お店に入るのには敵対がありましたが、親切に相談に乗ってくれたので安心して借り入れる
事ができました。はじめか月の生活費30万を借りたので、何か月かに渡って無理なく返して出向く
日程だ。

 

今回の事ですごく自省しました。とうにパチスロには行きません。パチスロで当てて借受を
返そうなんて絶対に考えては言語道断!といった自分に言い聞かせている。